officemaketimeの記事一覧

  1. シフト減による離職者に特定理由離職者の可能性

    厚生労働省は、コロナ禍による雇用環境の悪化を受け、シフト制により就労する労働者のシフト数が減少されたことにより離職した者について、特定理由離職者か特定受給資格者として取り扱う可能性があると明らかにしました。この結果、基本手当の給付制限期間や給付日数で自己都合退職よりも優遇される可能性があります。

    続きを読む
  2. まだ間に合う!今期のおすすめ助成金~定年延長助成金~

    定年延長助成金(65歳超雇用推進助成金~65歳超継続雇用促進コース~)令和3年4月1日より改正高年齢者雇用安定法が施行され、雇用する従業員の70歳までの就労機会確保を努力義務とする規定が盛り込まれています。来るべき70歳現役社会に向けた国からのメッセージと言えます。

    続きを読む
  3. 助成金は毎年メニューが変わります

    毎年変わる助成金助成金は年度ごとに変わるものという事はご存知ですか?助成金は、政府が重点的に取り組む施策に対して設けられますが、年度ごとに重点的な施策が変わるため、助成金のメニューも毎年変更されます。また、予算規模によっては年度途中で終了してしまうものもあります。

    続きを読む
  4. しわ寄せは非正規に・・・

    バブル経済の崩壊で企業の雇用環境は厳しさを増し、次々と正社員を非正規社員に置き換えていった結果、現在の非正規率約37%(平成29年度 厚生労働省資料より)に達している。パート、アルバイトなどは、事業主にとっては格好の雇用調整弁になっている。

    続きを読む
  5. 【お忘れなく】2022年10月から健保・厚年の適用範囲が拡大されます

    お忘れの方の方も多いと思いますので、今一度リマインドとして情報をアップします。2020年5月29日に成立した「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」(年金制度改正法) に伴い、2022年10月から厚生年金保険の適用範囲が段階的に拡大されます。

    続きを読む
  6. 障害年金での発達障害の初診日

    障害年金:発達障害の初診日について知的障害を伴わない発達障害の初診日は、発達障害の症状(うつ症状など二次的症状も含む)により、初めて医師の診療を受けた日が初診日となります。よって20歳前に初診日があれば、20歳前の傷病による障害基礎年金の対象となります。

    続きを読む
  7. 月刊メイクタイム通信 2021年5月

    月刊メイクタイム通信 2021年5月号①月刊メイクタイム通信 2021年5月号②...

    続きを読む
  8. 髙山選手頑張れ!

    先日東スポニュースで、プロレスラーの高山善廣選手がリハビリでバイクに挑戦した記事を読んだ。髙山選手は2017年5月に試合中の事故により頸椎完全損傷となり、首から下は動かすことができなくなった。一時は死を覚悟しながらも必死のリハビリで、少しづつだけども回復しているという。

    続きを読む
  9. 新商品もいいけれど

    感染防止のためマスクをしていると、口の動きや表情による意思疎通が上手く図れないとして、透明なマスクが開発されたそうです。マスク着用が日常的となった生活が1年以上続く中、1日も早くマスクなしで生活できる日が戻ることを願ってやみません。

    続きを読む
  10. 国以外にも助成金があります

    国以外にも助成金があることをご存知ですか国(厚生労働省)が管轄する助成金以外にも、自治体独自の助成金も多く存在します。上手に活用したらいかがでしょうか。その一例をご紹介します。

    続きを読む
  11. 長時間労働に思う

    非現業の地方公務員(一般職)については、36協定を結ぶことなく時間外労働をさせることができるそうです。昭和20年代に出た古い労働基準局長の通達を根拠に、そのような運用になっているようです。

    続きを読む
  12. 3度目の緊急事態宣言・・・

    どうやら都が3度目の緊急事態宣言を国に要請する方針を固めたようです。2度目の緊急事態宣言下でも、まん延防止措置下でも、街の人の流れは減るどころかむしろ増加していたように感じていたので、コロナウィルス感染者が一向に減らないのも当然かと。

    続きを読む
  13. 障害認定日の特例について

    障害年金:障害認定日の特例について障害認定日とは、その障害の程度の認定を行う非常に重要な日です。障害認定日は、その障害の原因となった傷病で初めて医師の診療を受けた日(初診日)から1年6か月を経過した日と決められています。

    続きを読む
  14. 老齢厚生年金の障害者特例

    老齢厚生年金に「障害者特例」という制度があります。障害の状態にある方で条件に該当すれば、60代前半の老齢年金の額が増え、障害年金よりも手厚い年金を受けることができるかもしれません。

    続きを読む
  15. 国民年金保険料の未納分納付には期限があるのでご注意を

    先日知人から、「国民年金未納分はいつまで遡って納付できるのか?」と質問をうけました。過去数年間の未納期間があり、当時は保険料を払えなかったが最近になって少し余裕ができたので未納分を払いたいとのこと。

    続きを読む
ページ上部へ戻る