officemaketimeの記事一覧

  1. 障害年金の基礎知識⑨ 〜障害の状態③〜

    書面審査による障害認定実際の障害認定審査は、全て書面による審査で行われます。審査にあっては、判定に個体差が出ないように定められた障害認定基準に基づいて審査が行われます。

    続きを読む
  2. 障害年金の基礎知識⑧ 〜障害の状態②〜

    請求方法と障害認定時期障害年金の請求方法にも、本来請求(認定日請求)、事後重症請求、はじめて2級請求など、さまざま存在します。請求方法によって障害認定日が相違するため注意が必要です。

    続きを読む
  3. 障害年金の基礎知識⑦ 〜障害の状態〜

    障害年金に該当する状態障害年金は、障害を有することによって日常生活や就労に支障が発生して制限を受けている場合に、その障害の程度を審査して障害の状態に該当する場合に支給される年金です。

    続きを読む
  4. 障害年金の基礎知識⑥ 〜保険料納付要件〜

    保険料納付要件障害基礎年金の場合国民年金の被保険者期間中に初診日がある場合か、または、被保険者だったことがあり国内に住所を有する60歳以上65歳未満の間に初診日がある場合は、一定の保険料納付要件を満たす必要があります。

    続きを読む
  5. 障害年金の基礎知識⑤ 〜障害認定日〜

    障害認定日障害認定日とは、申請された事案について障害の程度を認定し、障害等級に該当するか否かを判断する日の事をいい、具体的には初診日(その障害の原因である傷病や負傷についてはじめて医師の診療を受けた日)から1年6か月を経過した日、または1年6か月経過前に治った日(症状が固定した日)のことを指しま...

    続きを読む
  6. 障害年金の基礎知識④ 〜医学的治癒と社会的治癒〜

    医学的治癒医学的治癒とは、医学的にその傷病が完全に治ることを言います。過去の傷病が医学的に治癒したとみなされた後、再び同じ傷病が発症した場合、それはたとえ同じ傷病であったとしても前後の傷病は別ものとして扱われます。

    続きを読む
  7. 障害年金の基礎知識③ 〜前駆症状と相当因果関係〜

    前駆症状と初診日前駆症状とは、傷病の発生する前触れのようにして起こる症状のことをいいます。

    続きを読む
  8. 障害年金の基礎知識② 〜初診日〜

    最も重要な「初診日の特定」障害年金を受給するためには3つの要件が必要であると説明しました。(障害年金の基礎知識①より)その3要件のうち最も重要なのは、ズバリ「初診日」だと言えます。では、何故初診日が最も重要なのでしょうか?もう一度、障害年金を受給するための3要件を復習します。

    続きを読む
  9. 障害年金の基礎知識① 〜障害年金の仕組み〜

    遺族年金とは障害年金とは、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に受け取ることができる年金で、老齢年金のように一定の年齢に達するまで受け取ることができないものでは無く、一定の障害の状態に認定されれば、現役の世代であっても受け取ることができます。

    続きを読む
  10. 遺族年金の仕組み ~遺族基礎年金と遺族厚生年金の違い④~

    ケース別の遺族年金支給額では、ある家族をモデルにして、いったいどれほどの遺族年金が支給されるのか比較してみます。家族構成により受給できる遺族年金の比較まずは基本的な家族構成である、夫婦+子の家族構成で比較します。死亡時から、時系列での支給額の推移も見ていきます。

    続きを読む
  11. 遺族年金の仕組み ~遺族基礎年金と遺族厚生年金の違い③~

    ケース別の遺族年金支給種別では、ある家族をモデルにして、いったいどのような遺族年金が支給されるのか比較してみます。家族構成により受給できる遺族年金の比較まずは基本的な家族構成である、夫婦+子の家族構成で比較します。次の4パターンで比較します。

    続きを読む
  12. 遺族年金の仕組み ~遺族基礎年金と遺族厚生年金の違い②~

    両者の違い(続き)年金額の違い遺族基礎年金遺族厚生年金年金額(原則)子のある配偶者または子に支給される遺族基礎年金額は次の通り老齢基礎年金の満額 約78万円死亡した者の被保険者期間を基礎とした老齢厚生年金(報酬比例部分)の4...

    続きを読む
  13. 遺族年金の仕組み ~遺族基礎年金と遺族厚生年金の違い①~

    遺族年金には2種類ある一家の働き手が亡くなった後、残された遺族の生活を支援するための公的年金として遺族年金が存在します。遺族年金は、国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金です。

    続きを読む
  14. 相続手続きとしての未支給年金請求

    相続手続きとしての未支給年金請求老齢期になると国から支給される公的年金、現在は原則として65歳になると受給権が発生します。多くの方はその年齢になると仕事からリタイアされ、それ以降は、これまで蓄えてきた財産と公的年金が生活の糧となります。

    続きを読む
  15. 厚生年金の仕組み3_被保険者資格の取得と喪失

    厚生年金保険の被保険者資格の取得と喪失は、将来年金を受給する際の被保険者期間の基礎となる日付でもあり、非常に重要な項目となります。被保険者資格の取得原則として、被保険者資格の取得日はその事由に該当することとなった「当日」がそれにあたります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る