ブログ

障害年金での発達障害の初診日

障害年金:発達障害の初診日について

知的障害を伴わない発達障害の初診日は、発達障害の症状(うつ症状など二次的症状も含む)により、初めて医師の診療を受けた日が初診日となります。よって20歳前に初診日があれば、20歳前の傷病による障害基礎年金の対象となります。初診日の扱いは、うつ病、双極性障害、統合失調症等の他の精神疾患と同じであり、初診日を特定・証明する必要とされ、初診日が20歳以降にある場合は、初診日を基準に保険料納付要件も問われます。

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。