障害年金

  1. 障害年金Q&A【障害の程度が変わったときの手続きについて】

    障害年金の支給額は、その障害の程度によって異なります。出典:日本年金機構 障害年金ガイド障害年金は原則として有期認定として支給されます。

    続きを読む
  2. 障害年金Q&A【障害年金の永久認定と有期認定について】

    障害年金の裁定請求をして受給することが出来た場合でも、多くの障害では、その後一定期間ごとに改めて診断書を提出し、障害年金を継続して受給するための更新審査を受ける必要があります。

    続きを読む
  3. 障害年金Q&A【複数の傷病が併存する場合の障害認定②】

    以前のブログで、先発障害、後発障害で複数の障害を持つ場合、併合認定が行われ併合障害等級が算定される仕組みがあると説明しました。

    続きを読む
  4. 障害年金Q&A【複数の傷病が併存する場合の障害認定】

    障害年金の障害等級の判定は、通常は一つの傷病に対し障害年金認定基準に基づき判定するのが原則ですが、複数の傷病が併存している場合、別の方法により障害認定が行われる場合があります。併合認定障害認定基準の第2章併合認定基準に基づき行われる認定方法です。

    続きを読む
  5. 障害年金Q&A【はじめて2級請求】

    障害等級の1級または2級に該当しない程度の障害(3級以下)を持っている方に、新たに後発の別傷病(これを基準傷病といいます)が加わったため、前発の傷病と後発の基準傷病を併合して、65歳到達日の前日までにはじめて2級以上の障害等級に該当した場合、請求により「初めて2級請求(基準傷病請求)」が認められる場...

    続きを読む
  6. 障害者手帳と障害年金の関係

    障害年金:障害者手帳と障害年金の関係について障害者手帳と障害年金とは全く違う制度です。障害者手帳の手続きをすれば、自動的に障害年金を受給できるわけではありません。また、両者は障害の程度の判定基準が異なるため、同じ障害でも、両者で障害の等級が異なることがあります。

    続きを読む
  7. 障害年金での発達障害の初診日

    障害年金:発達障害の初診日について知的障害を伴わない発達障害の初診日は、発達障害の症状(うつ症状など二次的症状も含む)により、初めて医師の診療を受けた日が初診日となります。よって20歳前に初診日があれば、20歳前の傷病による障害基礎年金の対象となります。

    続きを読む
  8. 障害認定日の特例について

    障害年金:障害認定日の特例について障害認定日とは、その障害の程度の認定を行う非常に重要な日です。障害認定日は、その障害の原因となった傷病で初めて医師の診療を受けた日(初診日)から1年6か月を経過した日と決められています。

    続きを読む
  9. 老齢厚生年金の障害者特例

    老齢厚生年金に「障害者特例」という制度があります。障害の状態にある方で条件に該当すれば、60代前半の老齢年金の額が増え、障害年金よりも手厚い年金を受けることができるかもしれません。

    続きを読む
  10. 障害年金の初診日証明書類に関する通知が発出されました

    障害年金を申請する際、初診時の医療機関の証明(受診状況等証明書)を得ることが難しい場合の初診日証明書類の周知・広報の推進について、厚生労働省がパンフレットを作成し、日本年金機構のホームページにアップされました。

    続きを読む
  11. 加入歴の短い方の障害厚生年金支給額

    障害年金:加入歴の短い方の障害厚生年金支給額について障害厚生年金の支給額は報酬比例と言われ、原則として平均標準報酬月額×加入月数の計算式に基づいて支給額は決定されます。

    続きを読む
  12. 障害年金と所得税法上障害者控除の関係

    所得税法上の障害者控除とは所得税法上の障害者控除とは、納税者自身、同一生計の配偶者又は扶養親族が所得税法上の障害者に当てはまる場合に受けることができる、一定の金額の所得控除のことを言います。確定申告の際、基礎控除、配偶者控除と同じように、所得を控除できる制度です。

    続きを読む
  13. 障害年金を支給申請したのに不支給になった場合の対応

    障害年金:支給申請したのに不支給になった場合の対応について障害年金の申請をしたものの、不支給の通知がきた場合で、その結果に納得がいかない時は、通知を受け取った日の翌日から3か月以内に審査請求(不服申立て)を行うことができます。

    続きを読む
  14. 障害年金の基礎知識⑩ 20歳前障害年金申請についての準備

    20歳前障害で申請できるのは「障害基礎年金」20歳になると国民年金に加入しなければなりません、学生であろうと、日本国内に居住する20歳以上60歳未満の方は国民年金に加入することは義務とされています。

    続きを読む
  15. 障害年金の基礎知識⑨ 〜障害の状態③〜

    書面審査による障害認定実際の障害認定審査は、全て書面による審査で行われます。審査にあっては、判定に個体差が出ないように定められた障害認定基準に基づいて審査が行われます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る